ホームページの役割とは・・・

いろんな業種や業界においてホームページを制作して運用することはあたりまえの時代になってきました。

「ホームページも無くてどのようにしてるの?」って聞かれるほどホームページはいろんな場面で活用されています。

しかし、『ホームページを何の為に制作するのか!』という目的や役割が明確でなかったり、全てに対応しようとして結局サイトを訪れた人たちが迷子になって帰ってしまう、或いは制作はしたけどそのままほったらかしになってしまってるサイトなどが溢れています。

あなたのお店や会社のサイトは、大丈夫ですか?

ホームページを分類し、それぞれの目的や指標を整理してみました。

1.コーポレートサイト

・顧客やビジネスパートナーなどに向けて商品やサービスの紹介、求人案内など会社が存在する意味と目的を知ってもらうために制作されています。

・指標としては、PV(ページビュー)数、問い合せ数が設定されます。

2.商品サイト

・新発売の商品、商品説明が必要なもの或いはその商品だけを特別にアピールしたい場合などに制作され売上アップやサービスを広めてほしい時にも制作されています。

・指標としては、PV(ページビュー)数、販売数をCV(コンバージョン)数としたり問合せ数なども設定されます。

3.ECサイト

・商品をインターネット上で販売するためのサイトをElectoronic  Commerce(エレクトロニックコマース)の略でEC(イーシー)サイトと呼んでいます。あなたも利用されたことがあると思いますがサイト上で注文し決済まで出来るようになっています。

・仕様としては、PV(ページビュー)数、CV(コンバージョン)数、CVR(コンバージョン率)など訪問者の行動状況によりいろんな場面での指標を設定します。

最も大事なことは、商品数が多いサイトの場合サイト全体の制作費だけでなく運営維持費や広告費などの運営コストを考えて収益が出ているかということです。

4.キャンペーンサイト

5.ブランドサイト

6リクルートサイト

7.ポータルサイト

8.官公庁サイト

などの話しは、またこの次にお伝えします。

 

 

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA